プログラム概要

プログラム概要図

 本取組は、自然・歴史・文化・産業等において、そして地域社会の抱える課題においても共通の基盤を有する山陰地域の5大学・短大(島根大学・島根県立大学・公立鳥取環境大学・島根県立大学短期大学部・鳥取短期大学)が、地域社会の人材ニーズに応えるというミッションを共有し、地域ステークホルダーとともに「ソーシャルラーニング」を開発する中で、共通課題を解決する試みです。

 ステークホルダーが大学教育に直接関与する仕組み、地域リソースの教育的再開発、パフォーマンス評価による質保証・向上など、将来の山陰地域の教育基盤に資する取組となることを目指します。

 本取組では山陰地域(鳥取県・島根両県)の大学・短期大学が連携し、同地域のステークホルダーが求める人材を育成します。鳥取・島根両県の政策提言、総合計画では、過疎、少子高齢化、構造的景気低迷などの課題を共有し、ともすると閉塞感に陥りがちな地域の未来に夢や希望、活力をもたらす人材を求めています。より具体的には、本取組のステークホルダーである山陰両県の企業、団体、行政・教育・医療・福祉等の公的機関や地域住民は、

  • 現場から課題を発見・解決し、協働によって独創的なソリューションを生みだす人材
  • 地域の状況を深く理解し、地域への愛情を持って地域発展の中核を担う人材

を求めていると言えます。

 一方、本取組に参加する全高等教育機関が、教育方針として地域に貢献する人材輩出をうたっており、地域の人材ニーズに応えることを使命の一つとしていますが、実際には、従来型の専門教育を中心とした知識伝達を重視する学びに縛られ、必ずしもニーズ期待を反映し、それに応える人材を育成できていないミスマッチが生じています。この状況を解消するには、学生が地域に早期から出向き、共同の中で育まれることによって、座学の知を経験知へと再構成し、自らの専門性へと統合していく学びの構築が不可欠です。

 しかし、高等教育機関が集中局在している大都市圏などと異なり、山陰地域の高等教育機関は教育リソースに限りがあるため、ステークホルダーのニーズに応えるためには、それぞれの長所を活かす連携によって教育の質保証・向上を図ることが有効です。このためそのために本取組の柱は次のでは2つである以下のことに取り組みます。

  1. 鳥取・島根高等教育フォーラム
    両県のステークホルダー代表が地域高等教育の質の保証・向上に参画する場を構築します。
  2. 大学間ソーシャルラーニングの組織的展開
    「山陰地域ソーシャルラーニングセンター」を設置し、山陰地域の豊かな自然・産業・文化的資産をフィールドに、ステークホルダーと連携しながらソーシャルラーニングを展開していきます。

プログラム概要図(PDF)

具体的な取組は、次の5つのプロジェクトとして、5年度にわたって実施されます。

  1. 知的資源共有プロジェクト
  2. 山陰地域フィールド教育開発プロジェクト
  3. アーリー・エクスポージャー・プロジェクト
  4. ICTプロジェクト
  5. 教育評価プロジェクト

 プロジェクトの進行予定(PDF)

「ソーシャルラーニング」とは

狭い意味のソーシャルラーニングは、ツイッターやフェースブックなどのソーシャルメディアを学びのツールとして活用する学習システムのことを指しますが,広い意味では一方的な教育ではなく,参加者同士が相互に教えあい,学びあう形態を指します。
本取組におけるソーシャルラーニングは後者(広い意味)であり,学生が早期から山陰地域の自然・歴史・文化・伝統産業等の現場に出向き,地域の人々と交流する中で,地域発展の鍵となる課題を発見し,未知の解を追究しようとする力を伸ばす教育を意味します。また、本取組は従来のインターンシップを基調とするものではなく、1年生を中心とした教養教育の一環として開発・実施されます。本取組では,スムーズなソーシャルラーニングを実施するために,地域社会が大学教育に直接関与するシステムも構築します。