国立大学法人島根大学 教育開発センター 修学サポートプログラム

メンター制度

取り組みの概要

メンター制度メンター制度は,新入生が抱える,学習面での不安,大学生活での疑問,大学院や就職などの様々な不安や問題に,入学した学科・分野の先輩方が解決に向けて積極的に関わるサポートシステムです。本学では2009年度総合理工学部物質科学科物理分野での試行を経て,2010年度総合理工学部に導入されました。新入生の学習面,および心理面に関するサポートには大きな効果を上げています。

メンター制度の質保証のシステム

総合理工学部の取組みに関しての詳細はこちら
http://shimane-riko.jp/jyuken/mentor.html

メンターメンターとは特定のコミュニティにおいて知識,スキル,経験,人脈などが豊富で成功体験を持ち,後輩の目標人物像(ロールモデル)として指導・助言などを行う人を指します。総合理工学部のメンターは,成績・人格ともに優秀者が選抜されており,学部におけるリーダー的存在です。

メンター制度説明図

メンター制度は後輩のサポートを行うと同時に,リーダーズ研修としてメンターの社会人基礎力の育成にも効果がある,相互補完的な教育プログラムです。制度の効果検証は教育開発センターが担当しています。詳しくはこちらをご覧ください。

総合理工学部修学サポートプログラムメンター制度活動報告書[PDF]

実施組織

総合理工学部における実施組織は,総合理工学部学部教職員,教育開発センター,メンターで学部新入生学習サポートを,さらにキャリアセンターに協力を仰ぎ,メンターのキャリア教育を実施しています

メンター制度組織図

PAGE TOP