国立大学法人島根大学 教育開発センター 初年次教育プログラム

法文学部

法経学科

入門演習

法経学科 入門演習この入門演習の授業では、これから法学と経済学を学ぶ新1年生が、専門教育の知識や技術の基礎を習得し、大学生活全般に関する指針を得ることを目的としています。具体的には資料・情報収集力、レポート作成能力、文献読解能力、社会科学の基本的な考え方等を、少人数制の授業において教員や仲間と議論を通して育成、習得することを目指します。授業では実際に松江地方裁判所や日本銀行松江支店を見学し、専門教育へのやる気を育てます。

社会文化学科

現代社会入門セミナー・歴史と考古総合セミナー・福祉社会基礎実習

社会文化学科 現代社会入門セミナー・歴史と考古総合セミナー・福祉社会基礎実習社会文化学科では、それぞれの学問分野の基本的な考え方を学び、かつ研究の基盤となる技術を育成するために、学科を構成する3つのコースごとに授業を開講しています。「現代社会入門セミナー」と「歴史と考古総合セミナー」では、少人数のセミナー形式で、文献読解、討論、発表等を行っています。「福祉社会基礎実習」では、福祉の仕事についての講義と実際の現場に出向くオリエンテーション実習を行っています。

言語文化学科

言語文化入門講義

言語文化学科 言語文化入門講義この授業は、4月から新たに言語文化学科の学生となった皆さんに必ず受講してもらうものです。授業では、レポート作成の過程を体験してもらい、作成したレポートは印刷物として仕上げます。そのことによって、自分で設定した問題を何らかの方法で解決していく過程を体験し、言語文化学科で学ぶことのイメージをつかんでもらいます。また同時に、大学で学ぶため最低限必要な技能や態度を身につけてもらうのが、この授業の目的です。

PAGE TOP