学校魅力化論

授業科目名 学校魅力化論
主担当教員 小田 順二
開講月日 2017年4月
時間数 15時間
授業形態 講義、演習
授業の目的 学校魅力化に関する基本的な事項を理解するとともに、学校魅力化のビジョンや戦略を立案し、プロジェクトを推進するために必要な知識と技能を身につける。
達成目標
(達成度)
  1. 学校魅力化に関する基本的な事項や多様な取り組みを理解する。(知識・理解)
  2. 状況に応じて学校魅力化の効果的なビジョンや戦略を立案することができる。(技能)
  3. 状況に応じて学校魅力化のPDCAを効果的にマネジメントすることができる。(技能)
授業の内容
各回の授業内容担当教員
1 学校魅力化論概論1 岩本, 小田
2 学校魅力化論概論2 岩本
3 学校魅力化のプロセス 岩本
4 当事者意識と危機感の醸成 岩本
5 学校魅力化の体制作り 岩本
6 学校魅力化の構想作り 岩本
7 学校魅力化の計画作り 岩本
8 学校魅力化の企画作り 岩本
9 学校魅力化の環境作り 岩本
10 まとめ 岩本, 小田
授業の進め方 講義、個人演習、グループ演習を組み合わせて実施します。授業は、松江キャンパスでの対面授業と遠隔ライブ授業の組み合わせで行います。
テキスト 指定のテキストはありません。基本的には、授業レジュメを作成し、配布します。
参考文献 授業前あるいは授業時間中に指示します。
成績評価の方法
評価方法配点の割合達成目標との対応
最終レポート 100点 (1)~(3)
授業(1)-(9)が終了してから最終レポートを作成してください。作成要領は授業(8)が終了した時点で指示します。
履修上の指導 授業は講義・個人演習に加えて、グループ演習・討議を行います。受講者は主体的かつ積極的にグループ協働演習に参加してください。
オフィスアワー 授業全体のマメネジメントは小田が担当します。質問や相談はメールあるいは電話で主担当教員(小田)までお願いします。
電話 : 平日 9:00-17:00
メール : 一両日中に回答します。
その他
  • 講義順等については多少の変更があります。
  • グループワークによって主体的な学習を促進する。