ふるさと魅力化フロンティア養成コース 職業教育実践力育成プログラム(BP)認定について

本学にて,平成28年4月から実施する「ふるさと魅力化フロンティア養成コース」は,文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定を受けました。

【概要】
本プログラムは,高校を中心とする教育の魅力化と地域振興とを結びつけ,地域活性化に取り組む隠岐郡海士町及び飯石郡飯南町のノウハウと,本学の教育・研究資源と組み合わせ,「へき地にしかないもの=へき地に先端的にあるもの」と捉え,その再発見・利活用・発信を通じて地域を魅力化していく試みを「教育プログラム化」し,地域教育魅力化のリーダーを養成するものです。


【コースの特徴】

○高校魅力化の最前線 教育の魅力化と地域振興を結びつけ地域活性化に取り組んでいる隠岐郡海士町及び飯石郡飯南町で活動している,現役コーディネーターが講師となり講義・実習を行います。

○実際の教育現場,地域から学ぶ 地域活性化に成功している隠岐島前高校(海士町),飯南高校(飯南町)での実習により,実際の現場での取り組みやコーディネーターの役割等について学びます。

○全国どこからでも受講可能 集中的に島根大学(松江キャンパス)での授業及び現地での実習はありますが,講義・演習の2/3程度は,遠隔ライブ授業やオンデマンド授業での講義を受けることができます。

○講義を応用し,自らの地域課題を解決 講義・実習で修得した知識・技能を実践的に用いて,受講者自らが現場で抱える課題の解決を図り,修了レポートをまとめます。課題解決・実践にあたっては講師がサポートし,より高い応用能力を養います。

文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)の初回認定について (外部リンク)