平成21年度 文部科学省 特別教育研究 学生の学びを中心に据えた教職員ネットワークの構築とFDの組織化 〜山陰地域のFD拠点化に向けて〜

  • サイトマップ
  • ホーム
  • プロジェクト概要
  • 活動成果
  • お問い合わせ

プロジェクト2活動成果

[2012年12月18日]

教学IRシンポジウム2012を開催しました

開催日時 平成24年12月14日
場所 島根大学 松江キャンパス教養2号館702教室
主催 島根大学教育開発センター
山陰地区FD連絡協議会
対象者 島根大学及び山陰地区FD連絡協議会連携校の教職員
事前申込み 不要

2012年12月14日(金),島根大学にて,教学IRシンポジウム「教学IRの現在(イマ)」が開催されまた。


基調講演に,同志社大学社会学部 山田礼子教授をお招きし,「IRの機能と効果」と題し御講演いただきました。
また,福島大学地域連携課 高森智嗣研究員,島根大学教育開発センター 雨森聡助教にそれぞれに事例報告をしていただき,活発な意見交換が行われました。

山田 礼子 教授
山田 礼子 教授

高森 智嗣 研究員
高森 智嗣 研究員

雨森 聡 研究員
雨森 聡 助教

島根大学 肥後副学長
島根大学 肥後副学長

島根大学 教育開発センター 森 朋子准教授
島根大学 教育開発センター 森 朋子准教授

[2011年2月1日]

卒業生・修了生調査の報告書(2009年度版)

2009年度 卒業生・修了生調査 報告書島根大学
卒業生・修了生に対する教育成果の検証に関する調査
                        <2009年度版>

■学士課程の部
 1.大学生活において意味のあった活動
 2.大学教育・学習・生活支援に関する満足度
 3.島根大学で身についた力
 4.大学生活全般に関する満足度
■大学院課程の部
  1.今の自分に良い影響を与えている学部時代の活動
 2.大学教育・学習・生活支援に関する満足度
 3.島根大学大学院で身についた力
                                           PDF(3.06MB)

[2010年11月26日]

教学IRシンポジウムを開催しました。

2010年11月26日(金)、教養講義室棟2号館702にて2010年度教学IRシンポジウム「島根大学における学生調査・教学データから探る教育の質保証・向上の方向性」を開催しました。最初に「大学の教育情報の公表」と大学教育の質保証の関連についての基調講演が行われました。第1部では機関〈マクロ〉レベルの、第2部ではカリキュラム・授業〈ミドル・ミクロ〉レベルの改革・改善課題について報告が行われ、それぞれに対して執行部から返答が行われました。合計81名(学内から63名、学外から18名)が参加し、教学IRを活用して教育をいかに質保証・向上していくかについて学びました。

<プログラム>

13:30-13:40 開会挨拶「学生満足度日本一に向けた教育の質保証・向上」
           山本廣基(学長)

13:40-13:50 企画趣旨説明
           山田剛史(教育開発センター副センター長)

13:50-14:30 基調講演「「大学の教育情報の公表」が目指すものと大学教育の質保証」  
           高橋浩太朗(文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室 学務係長

14:55-16:15 第1部「学生調査から導かれる機関〈マクロ〉レベルの改革・改善課題」
       ◯調査設計の意図・目的
           山田剛史(教育開発センター副センター長)
       ◯各種調査結果の分析報告と課題提示
           山田剛史(教育開発センター副センター長)
       ◯執行部より課題提示に基づくコメント
       ◯全体討論

16:30-17:50 第2部「教学データから導かれるカリキュラム・授業〈ミドル・ミクロ〉レベルの改革・改善課題」
       ◯主旨説明
           森朋子(教育開発センター准教授)
       ◯事例1:「総合理工学部物質科学科物理分野の1年次カリキュラム改善
           森朋子(教育開発センター准教授)
       ◯事例2:「補完教育プログラムの改善
           雨森聡(教育開発センター助教)
       ◯事例3:「法文学部言語文化学科初年次教育プログラム対象授業改善
           浅田健太朗(法文学部准教授)
       ◯教育・学生担当副学長よりコメント
       ◯質疑応答

17:50-17:55 全体コメント
           高橋浩太朗(文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室 学務係長

17:55-18:00 閉会挨拶
           三宅孝之(教育開発センター長)   

※シンポジウム撮影動画DVD希望者は内線2418(教育企画グループ)までご連絡ください。

[2009年6月24日]

総合理工学部の教授会で「パネル調査」の結果を報告しました。

総合理工学部の教授会において教育開発センターが15分の枠をもらい、山田副センター長が平成21年度入学生を対象としたパネル調査の結果を報告しました。当日は時間の都合上、総合理工学部学生のデータに焦点化したダイジェスト報告のみ行いました。

[2009年6月17日]

法文学部の教授会で「パネル調査」の結果を報告しました。

法文学部の教授会において教育開発センターが1時間の枠をもらい、山田副センター長が「中教審答申をどう読むか」と題した講義を行いました。その中で、平成21年度入学生を対象としたパネル調査の結果を報告しました。当日は時間の都合上、法文学部学生のデータに焦点化したダイジェスト報告のみ行いました。

活動内容

  • プロジェクト1 学生参画プロジェクト
  • プロジェクト2 教育調査プロジェクト
  • プロジェクト3 教養教育・教育改善プロジェクト
  • プロジェクト4 ICT活用実践プロジェクト
  • プロジェクト5 地域連携プロジェクト