平成21年度 文部科学省 特別教育研究 学生の学びを中心に据えた教職員ネットワークの構築とFDの組織化 〜山陰地域のFD拠点化に向けて〜

  • サイトマップ
  • ホーム
  • プロジェクト概要
  • 活動成果
  • お問い合わせ

プロジェクト1活動成果

[2011年01月21日]

第3回 We are 島大生!を開催しました。

2011年1月21日(金)18:30〜20:30、大学会館2階にて第3回We are 島大生!〜広がれ!学生の輪〜を開催しました。今回は正課と正課外活動の関連をテーマに、学生による教育座談会をおこないました。また、島根大学の12の学生組織が一同に介し、組織の枠を超えて交流を深めました。正課外活動が大学での学びにどうつながっているのか、学生同士が学部・学科・学年・学生組織を超えて議論し、正課外活動と正課の連動による大学の学びの向上を目指した抱負を各自が書いて閉会となりました。各班の「しゃべり場」において最も活躍した「ベスト・しゃべりすと」には昨年度のWe are 島大生!で開発された「クロスロード‐学生生活編‐」が賞として贈呈されました。参加者は学生51名、教職員16名(うち13名はオブザーバー)でした。終了直後には関連教職員11名でミニ座談会をおこない、当日の反省や今後の連携体制の方向性についても意見を交換しました。また、プログラム終了後には学生10名、教員4名が懇親会で親睦を更に深めました。
We are 島大生!

<プログラム>

18:00-18:30 受付
【前半60分】学生組織紹介
18:30-18:35 挨拶・趣旨説明(家島明彦/教育開発センター助教)
18:35-18:40 自己紹介(班毎に各自)
18:40-19:30 各学生組織の紹介(12組織の学生代表)
【後半60分】しゃべり場(ディスカッション)
19:30-20:20 しゃべり場
         (1)共通テーマ:活動がどのように学びと繋がっているか?
         (2)選択テーマ:学業との両立方法など(複数の選択肢から1つ選択)
20:20-20:30 まとめ

当日の資料はコチラ

[2010年08月28-29日]

学生FDサミット・2010夏に参加しました。

2010年8月28日(土)〜29日(日)に立命館大学(衣笠キャンパス)で開催された学生FDサミット・2010夏にWe Camプロジェクトのメンバー4名が参加しました。学生2名が昨年のWe are 島大生!や「クロスロード ‐学生生活編‐」といった島根大学における学生FDの活動を報告しました。参加した38大学200名以上の教職員・学生と交流し,各大学の学生FDに関する取組みについて情報交換をしました。

[2009年12月02日]

第2回 We are 島大生!を開催しました。

We are 島大生!今回は「We are 島大生!〜あなたが動けば「学生生活」は変わる!〜」というテーマのもと、島根大学の教員と学生が新しく開発した「クロスロード ‐学生生活編‐」(就職活動や授業、サークル活動における葛藤場面について考えを深める“究極の選択”カードゲーム)を通 じて学部・学年の枠を超えて話し合うことで、島大生としてのアイデンティティを高め、意欲的に大学生活を楽しんでほしいという想いから企画しました。企画から開催まで学生We are 島大生!が主体となって取り組んだ甲斐あって、参加者からは非常に好評でした。内容としても、参加した学生から「このような企画は年1回しかないんですか?もっとやってほしい!」という感想がでるくらい盛り上がりました。参加者は学生17名、教職員5名、オブザーバー7名でした。事後アンケート(参加満足度調査)の結果はコチラ
※「クロスロード-学生生活編-」に興味がある方は、教育開発センター(担当:家島)まで、お問い合わせ下さい。

[2009年7月22日]

数学補完TA座談会を行いました。 ※プロジェクト3との合同企画

補完教育TA座談会教育開発センターが授業デザインの提案、TAの採用など新たな取り組みを実施した今年度の数学補完授業を振り返り、多角的評価を来年度以降の補完授業の改善に反映させることを目的としてTA座談会を行いました。今年度の数学補完授業についてTA当事者ならではの視点から様々な意見が出され、活発な議論・意見交換が行われました。

活動内容

  • プロジェクト1 学生参画プロジェクト
  • プロジェクト2 教育調査プロジェクト
  • プロジェクト3 教養教育・教育改善プロジェクト
  • プロジェクト4 ICT活用実践プロジェクト
  • プロジェクト5 地域連携プロジェクト