平成21年度 文部科学省 特別教育研究 学生の学びを中心に据えた教職員ネットワークの構築とFDの組織化 〜山陰地域のFD拠点化に向けて〜

  • サイトマップ
  • ホーム
  • プロジェクト概要
  • 活動成果
  • お問い合わせ

プロジェクト1 学生参画プロジェクト - FDへの学生の主体的関与を実現

クロスロード-学生生活編-



「クロスロード‐学生生活編‐」とは

<クロスロードとは>
「クロスロード‐学生生活編‐」は、島根大学教育開発センターが学生参画の下で開発した学生研修用ゲーミングツールです。
オリジナル版は、災害対応カードゲーム教材「クロスロード」です。「クロスロード‐学生生活編‐」は、基本的にこの「クロスロード」の枠組みを踏襲しています。

 新聞(山陰中央新報,2010年7月1日,27面)で紹介されました!

<目的>
「クロスロード‐大学生活編‐」は、先見の明と判断力を養うためのゲーミング教材です。 大学生に学生生活を設計(デザイン)・マネジメントする力を鍛えてもらう(身につけてもらう)ことを目的として開発されました。


<著作権など>無断使用禁止!
「クロスロード」に関する著作権は、チームクロスロードにあります。新たに「クロスロード○○編」を作る場合やシンポジウム等で使用する場合は、必ずクロスロード・サポーター事務局までご連絡下さい。 無断での使用は固くお断りいたします。
「クロスロード‐学生生活編‐」に関する著作権は、島根大学教育開発センターにあります。教育・研究・研修のために使っていただくのは自由(大歓迎)です。

<入手方法>
「クロスロード‐学生生活編‐」は、島根大学教育開発センター(担当:家島)までご相談下さい。
オリジナル版の「クロスロード」(神戸編・一般編、市民編、災害ボランティア編)は、京大生協から購入可能です。

 学内レンタルを開始しました!
  (教育企画グループで10セットまで借りることができます)
 10セット以上のレンタルを希望される方は、教育開発センター(担当:家島)までご相談ください。

<お願い> 〜「クロスロード‐学生生活編‐」を使用された方へ〜
「クロスロード‐学生生活編‐」を使った後、体験報告フォームより、ご意見・ご感想をいただければ幸いです。使ってみた感想、参加者の反応、改善点など、何でも結構ですので、お気軽にご連絡下さい。

参考文献・URL

(学生生活編に関して)

(クロスロードに関して)

(授業や研修でのクロスロード活用法に関して)

  • クロスロード「食の安全編」
       WEB上にあった堀口逸子氏(順天堂大学医学部公衆衛生学教室)の発表資料。
    クロスロードの概要、振り返り方、ゲームを使う意義・効果などが分かりやすくまとめてあります。
  • ゲーミングシミュレーション クロスロード「食の安全編」
       WEB上にあった内閣府食品安全委員会事務局の発表資料。
    2009年11月6日に徳島で開催された「食品のリスクを考えるワークショップ」での発表スライドのようです。クロスロードの概要と「食の安全編」の具体例が載っています。
  • 内閣府防災情報のページ
       平成20年度 広報ぼうさい。
    問題例や判断のポイントに加え、研修(東京消防庁主催の東京都女性防火組織幹部研修会)の様子が載っています。特に2ページ目最後の「「クロスロード」は答えのないところに意味がある 」は一読の価値があります。

活動内容

  • プロジェクト1 学生参画プロジェクト
  • プロジェクト2 教育調査プロジェクト
  • プロジェクト3 教養教育・教育改善プロジェクト
  • プロジェクト4 ICT活用実践プロジェクト
  • プロジェクト5 地域連携プロジェクト