平成30年度優良教育実践表彰公開審査会を開催しました

2018年8月16日
 8月8日(水)、平成30年度優良教育実践表彰公開審査会を開催しました。優良教育実践表彰は、優れた教育実践を顕彰し、教員の教育方法及び教育技術の向上を図ることを目的としています。学内の優れた教育実践を広く知ってもらうFD活動の一環として開催された公開審査会では、審査員のほか、服部学長を含む約40名の教職員、大学院生の参加がありました。
 エントリーされた11組の応募者の発表では、アクティブラーニングを取り入れた授業、地域や起業と連携した取組などの実践とその教育効果や評価方法などが示されました。
 発表された実践は、それぞれに創意工夫が凝らされており、発表者が熱心に大学教育に取り組んでいる様子が伺えました。また、他の教員が取り入れることができる汎用性のある方法も多く、発表者と参加者との活発な質疑応答がなされました。

 プレゼンの様子.jpg