「地域社会の生活と安全」において県警本部長が学生に講義しました

2018年4月25日

 島根県警の現職警察官及び本学教員が連携して行う「地域社会の生活と安全」の講義を、前週のオリエンテーションに続いて4月17日に行いました。第2回目は、島根県警察本部長、立﨑正夫氏が「治安を守る警察組織の理解」として、講義を行い、学生39人が熱心に聴講しました。

 この授業は、安全・安心な地域社会の実現に向け島根県警と本学が2012年10月に締結した包括的連携・協力に関する協定の一環で開講しているもので、地域の一員として生活する本学学生の認識を高めてもらう狙いがあります。立﨑本部長は、警察の組織と役割、島根県内の情勢等を解説し、安全・安心な地域社会のためには警察による犯罪取締りやパトロールだけでなく、地域の自発的活動や連携強化などが必要と説明しました。また、島根県内の治安情勢に鑑み、県民が感じる体感治安を向上させ、安全・安心な地域社会を実現したいとコメントがありました。

 島根県警との連携による講義は、今後13回を予定しています。犯罪の起きにくい地域社会づくりに果たす大学生の役割と実践、自転車シミュレータを活用した演習、DV・ストーカー等の被害に遭わないための講義など、大学生活に関わりの深い事項を中心に、県警本部の幹部及び外部の有識者による講義が予定されています。

 また、この授業は評価指標としてルーブリックを導入しています。県警関係者と担当教員が協議を重ねて、各授業回別に作り込んだルーブリックを学生、教員、県警関係者で使用することで、学修の目的や評価の観点が分かりやすく、迅速な教育改善が可能となっています。

島根県警察本部長 立崎正夫 氏.jpg
島根県警察本部長 立﨑正夫 氏