地域調査授業「出雲杜氏の古里再発見」を実施

2015年9月1日

8月30日、ソーシャルラーニング授業「出雲杜氏の古里再発見」の成果発表会が,伊野コミュニティセンターで行われ、島根大学、島根県立大学から13人が参加し、古くから杜氏をはじめとする酒蔵の蔵人を輩出してきた伊野地区をフィールドに調査した結果を地域住民の前で発表しました。

 本授業では、6月13、14日、8月28日から30日の計5日間、島根県出雲市伊野地区にて、現地調査及び、地域の住民への聞き取り調査を行い、それらを通して地域に根付いている昔からの文化や風習、行事などの意義を学び、学生ならではの視点で地域の特徴や課題について理解を深めてきました。

IMG_2477.jpg IMG_2464.jpg

 発表会ではお世話になった伊野地区の人たちを前に、「伊野いち」と「ほたる」について学生によるプレゼンテーションを行いました。発表を呼び水に、参観者からは様々な意見が出され、大いに盛り上がりました。

IMG_2606.jpg IMG_2593.jpg