2015島根大学第3回FDセミナー 「地域課題解決にむけた交渉と合意形成」を開催しました(6/11)

2015年6月15日

2015年6月11日(木)
14:30~17:50 レクチャー&ワークショップ
18:10~20:00 意見交換会(ワークショップ結果にもとづくディスカッション)
講師:松浦 正浩 東京大学公共政策大学院 特任准教授
場所:島根大学松江キャンパス 大学会館2F 集会室
参加者数:23名

 地域が抱える課題には、その土地固有の事象が関連しており、その課題解決には企業および地域住民と一緒に取り組む必要性があります。そのための方法を理解するためのセミナーが開催されました。

 講演では「交渉による合意」において「立場」と「利害」を分けて考えることの重要性や合意形成を打破する変革(社会システムの構造変革をマネジメントしようとする取り組み)についてお話を伺いました。

 その後、「目前の課題解決のための交渉戦略を考える」ワークショップを行い、交渉による合意形成の限界を実感し、「社会の課題解決のためのトランジション・マネジメントの戦略を考える」ワークショップでは制度的な行き詰まりを打破する可能性を持つ方法論を学びました。

 参加者からは「いつも何気なく行っていることを改めて整理された形で聞くことができ、目から鱗が落ちた気分だった」「普段、何も考えずに行ってきたことを論理的思考によって整理できた」「抱える課題の1つの捉え方がわかった」「地域との交渉の場において、自分が意識すべきことを確認することができた」という声があり、自分自身の業務や地域との連携に活かせるセミナーだったとの感想が出されていました。

文責 岩瀬峰代(島根大学 教育開発センター 准教授)

IMG_1993.jpg

IMG_2003.jpg

IMG_1997.jpg