「スタートアップセミナー」公開発表会を開催しました

2016年7月19日

 7月11日・15日、島根大学松江キャンパスにて、教養育成科目「スタートアップセミナー」の公開発表会を開催しました。

 スタートアップセミナーは、初年次の学生を対象とし、受講者同士が意見を交 換し、協力し合いながらプロジェクトを実践することで、多様性を理解し、それ を活用する方法を身につけることを目的とした授業です。受講者はグループで島 根県内自治体の魅力発信プロジェクトを企画・実施し、その成果を発表します。 これを通じて、他者と協働することが、創発に繋がることを経験的に理解できる ように授業を進めてきました。また、この授業は初年次教育プログラムの一環で あり、プロジェクトの実施を通じて大学での学びについて理解を深め、実践でき るようになることも目的としています。

 発表会では、本授業を通じて受講生が調査・企画した,島根県内自治体の魅力 発信プロジェクトをポスター形式にまとめ、発表しました。この授業では受講生 約400名を9クラス、96グループに分け、島根県内の19自治体(市町村)の行政や 医療・福祉、産業など5つのテーマを分担して調査にあたりました。受講生は発 表会で島根県全体の魅力を発信・受信し、地域への理解を深めることができたと 考えています。また、多くの学生にとって、授業を通じてチームプロジェクトを 遂行する形式は初めての体験でしたが、 発表会では、試行錯誤を重ねながら導き 出した成果に、それぞれの工夫や努力した様子が伺えました。

 公開発表会には、学外の関係者の方々や学内の教員が参観し、ルーブリック (評価基準表)を使って、各グループの成果発表内容の評価などを行いました。

IMG_3514.jpg IMG_3516.jpg