平成21年度 文部科学省 特別教育研究 学生の学びを中心に据えた教職員ネットワークの構築とFDの組織化 〜山陰地域のFD拠点化に向けて〜

  • サイトマップ
  • ホーム
  • プロジェクト概要
  • 活動成果
  • お問い合わせ

プロジェクト4 ICT活用プロジェクト - 「オンラインFDネットワーク」の構築

クリッカー

<コンテンツ>
 クリッカーとは
 関連ソフトウェアのダウンロード手順
 各種マニュアル(島根大学 教育開発センター版)
 貸出(学内)
    レスポンスカードの端末IDの一覧表
 関連文献・参考URLリスト
 過去の講習会



クリッカーとは

クリッカーとは、オーディエンスレスポンスシステム(ARS)、すなわち「講義者と学習者の双方向コミュニケーションを可能にするコミュニケーションツール」の1つです。文脈によっては「レスポンスアナライザー」(教育工学系)、「オーディエンス・レスポンス・システム」(高等教育系)、「ポーリング・パッド」(医・歯・薬学系)などと呼ばれることもありますが、一般的にはクリッカーの名で親しまれているようです。英語のClickerには「テレビのリモコン」という意味がありますが、学生がテレビリモコンのようなカード端末(レスポンスカード)のボタンを押すと、回答結果が集計されてリアルタイムにパソコンの画面上に表示されるというシステムです。海外では大学における大人数の講義などにおいて一般的に活用されているようです。
※いろんな会社のクリッカーがありますが、島根大学ではKEEPAD JAPANのクリッカーを使用しています。

クリッカーの受信機とカード端末
レスポンスカード(写真左)を学生に配り、受信機(写真右)を教員のノートPCに挿します。
設問はTurning Pointというソフトで行いますが、Power Pointと連携しているので非常に簡単です。

関連ソフトウェアのダウンロード手順

<Windowsユーザー>(日本語版あり)   
★Turning Point 2008 日本語版 (Ver.4.2.0.9317)
 1.コチラにアクセス
 2.必要事項を記入して Download ボタンを押す
 3.後は指示に従ってインストールしてください

☆Turning Point 2008 最新版(English only) (Ver.4.2.3)
 1.コチラにアクセス(自分のPCに合わせてTurningPoint 4.2.3の「32 bit」か「62 bit」を選ぶ)
2.必要事項を記入して Submit ボタンを押す
3.後は指示に従ってインストールしてください

<Macユーザー>(日本語版なし=英語版のみ)   
Macでは様々なトラブルが生じることが確認されています。なるべくWindows版を使ってください。
☆Turning Point 2008 (Ver.1.2.3) ※Office 2004 のみ対応=Office 2008 未対応
1.コチラにアクセス(TurningPoint - Mac/Office 2004 Onlyをクリック)
2.必要事項を記入して Submit ボタンを押す
3.後は指示に従ってインストールしてください

★Turning Point Anywhere -Mac (Ver.2.4.1)
1.コチラにアクセス(TurningPoint AnyWhere - Macをクリック)
2.必要事項を記入して Submit ボタンを押す
3.後は指示に従ってインストールしてください

各種マニュアル(島根大学 教育開発センター版)

<ダウンロード&インストール編>
 ○Windowsユーザー用
  Turning Point 2008 インストール方法(Windows版)
    [第1版](Ver.4.1.0.9020)  PDF(406KB)
 ○Macユーザー用
  Turning Point AnyWhere インストール方法(Mac版)
    [第1版](Ver.2.0.1)  PDF(3.04MB)

<基本操作編>
 ○Windowsユーザー用
  Turning Point 2008 基本操作マニュアル
   [第1版](Turning Point 2008 Ver.4.1.0.9020 / Windows Vista / Office 2007)  PDF(509KB)

 チャンネル設定の仕方 PDF(84.1KB)

マニュアル

高等教育クリッカー研究会の自作マニュアル(Vista版XP版)も非常に参考になります。

貸出(学内)

現在、島根大学では受信機7台、レスポンスカード630枚を保有しています。これらを30人講義用1セット、50人講義用4セット、100人講義用1セット、300人講義用1セットという合計7セットに分けて提供していますが、ご要望に応じて柔軟に組み合わせを変えることも可能です。うち200人分は出雲キャンパス(医学部)に貸出中です。
※レスポンスカードLCDの期間限定レンタルは終了しました。

貸出も受付中です。研究室まで技術サポート(使い方説明)の出前も行います(要予約)。申込フォームからお申込み下さい。-->

レスポンスカードの端末IDの一覧表コチラ

<お問い合わせ先>
 「まずは試しに使ってみる」⇒家島(教育開発センター・助教)【内線2868/ieshima@soc.】
 「授業で使うために借りる」⇒三島(教育企画グループ・サブリーダー)【内線2417/mishimat@jn.】

クリッカー一式

関連文献・参考URLリスト

論文
 準備中

クリッカー関連機関
 KEEPAD(Turning Point クリッカーを扱う会社/本社)
 KEEPAD JAPAN(Turning Point クリッカーを扱う会社/日本支社)
 高等教育クリッカー研究会(金沢大学大学教育開発・支援センター内)

ソフトウェアのダウンロード
 Turning technologiesのダウンロード・ページ(最も新しいバージョンが手に入るが、英語のみ)
 KEEPADのダウンロード・ページ(English Onlyと表記してあっても日本語が使える場合もある)
 KEEPAD JAPANのダウンロード・ページ(最新版ではないが日本語が使える)

 (注)ソフトウェアをアップグレードする際は、必ず古いバージョンをアンインストールしてから最新版をインストールして下さい。

過去の講習会

名称: 島根大学教育開発センターICT活用実践講座 第1回(in 出雲)
     「たったの90分でマスターするクリッカーの使い方
     〜双方向授業で明日からの授業を楽しく有意義に!〜」
日時: 2009年11月6日(金)10:15〜11:45
場所: 出雲キャンパス 看護学科棟2階N21講義室

<スケジュール>
第1部(10:15〜11:15) 【クリッカー体験、必要ソフトのインストール、基本操作説明】(60分)
第2部(11:15〜12:45) 【体験談、学内利用案内、質疑応答】(30分)

当日の資料(PDF 2.32MB)
参加者8名(教員4名、職員4名)

名称: 島根大学教育開発センターICT活用実践講座 第1回(in 松江)
     「たったの90分でマスターするクリッカーの使い方
     〜双方向授業で明日からの授業を楽しく有意義に!〜」
日時: 2009年9月28日(月)16:00〜17:30
場所: 松江キャンパス 教養講義室棟1号館 202教室
申込: 締め切りました

★ノートパソコンを持参すれば、自分のノートパソコンでTurning Pointを使った設問が体験できます。
ただし、OSがWindows XP以降、あるいは、Mac OS 10.3以降である必要があります。また、同時に
  Microsoft社のPower Point 2003以降がインストールされている必要があります。Windows Vistaと
  Power Point 2008の組み合わせを推奨します。

<スケジュール>
第1部(16:00〜16:30)
    【基本操作説明(実演、質疑応答)】(30分)
第2部(16:30〜17:00)
    【授業での活用方法&学内での利用方法】(30分)
第3部(17:00〜17:30)
    【体験ワークショップ】(30分)
                                       PDF(276KB)
当日の資料(PDF 2.32MB)
参加者42名(教員38名、職員4名)
 生物資源科学部12,法文学部5,総合理工学部5,教育学部4,医学部1,
 教育開発センター6,外国語教育センター5,総合情報処理センター1,総合科学研究支援センター1,
 図書館1,教育入試企画課1
参加者の感想(PDF 153KB)

活動内容

  • プロジェクト1 学生参画プロジェクト
  • プロジェクト2 教育調査プロジェクト
  • プロジェクト3 教養教育・教育改善プロジェクト
  • プロジェクト4 ICT活用実践プロジェクト
  • プロジェクト5 地域連携プロジェクト